スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五回 江戸幸 楽しく終了!

6月20日(土)、第五回 江戸幸 楽しく終了いたしました。

おかげさまで、江戸幸の第二シリーズ「落語をもっと知ろう!」がスタートし、
無事に「音曲篇」が終了いたしました^^。

鶴田弥生社中をお迎えして、三味線、太鼓、鐘の音色で奏でる、音曲噺の会。

立川松幸さんの「寄合酒」で爆笑スタート。
続いて音曲噺一つ目の「猫の忠信」は京楽さん、アメリカ長期遠征帰りとは思えぬ超エネルギッシュな大熱演に、主催サイドは不安なほどにヒートアップ!その演者の技巧に思わず、会場唸る唸る。
中入りを挟んでは、薀蓄斉髭丸さんの「音曲と検番」と題しての上方落語講座に、弥生さんの三味線ミニ講座が加わって、見ごたえたっぷり。長崎まで検番を見に行った髭丸さん、実体験に裏づく薀蓄はとってもよくわかりました^^。
トリは京楽さんの「たちきれ」。たちきれだけに心配された燃え尽きはなく、最後までしんみり聴かせてすばらしい出来具合でした。

お楽しみじゃんけん大会では、おなじみ藤木紀一郎さんの染め上げた「京楽たちきれ手ぬぐい」7本と、エコ反物2本をじゃんけんで争奪していただきました。
「たちきれ手ぬぐい」は、「雪」という地歌の歌詞が染め上げてあって風情満点。いつもいつもありがとうございます。

江戸幸、ロゴマークも発表させていただきました。
ロゴはお客様の原田さんがデザインしてくださいました。
みなさまのおかげで、いつも成長するエドコーでいられますこと、今日もまた感謝です^^。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。